五大栄養素って?

五大栄養素とは、私達が普段食べている食品に含まれる様々な栄養素を大別したもの。それぞれがそれぞれに役割を持ち、お互いに協力しながら体の健康を保ってくれています。体調の変化が表面に表れるのは肌。すっぴんでもきれいな美肌は、その栄養が行き届いた肌、ですよね。

炭水化物(糖質)
ご飯やパン・麺類など、主食となるものは主に炭水化物です。食物繊維もこの分類に入りますが、最近では別とする考え方もありますね。糖分は運動の際のエネルギー源として働きますので、これを摂らないと体がだるくなっちゃいます。
脂質
ダイエットの大敵、脂肪です。けど、これも重要なエネルギー源。それに、脂肪酸はビタミンやミネラルの運搬にも関わっていますので、適量を摂らないと栄養素が十分に働いてくれません。過剰に摂取した分が脂肪として皮下に蓄えられるのです。
タンパク質
その主な構成成分はアミノ酸。運動の効率アップ、脂肪の燃焼のお手伝い。髪の毛や爪なんかも蛋白質からできています。よく聞くコラーゲンやヒアルロン酸もたんぱく質の仲間。そして、タンパク質の英名はプロテインです。
ビタミン
微量ながらも重要な栄養素。種類は多いですが、その分役割も多様です。ビタミンCはきれいな肌に必要不可欠。ダイエットの味方はα‐リポ酸とL‐カルニチンとコエンザイムQ10!
ミネラル
無機質とも呼ばれる健康の味方。鉄やカルシウム、マグネシウムなど。ミネラルは摂り過ぎに注意が必要ですが、実際には不足しがちな栄養素です。

この中でも"炭水化物""脂質""タンパク質"の三つを指して『三大栄養素』と呼びます。それに"ビタミン"と"ミネラル"を足して『五大栄養素』です。炭水化物を"糖質"と"食物繊維"に分けて『六大栄養素』と呼ぶこともあります。

栄養素のバランス

これらの栄養素は、個別に役割を持ってはいますが実際には相互に関係してその働きが生かされます。摂取のポイントはやはりバランスです。炭水化物を摂らない、というのじゃなくて、摂り過ぎない。脂質は悪、というのじゃなくて、摂りすぎた脂は毒。タンパク質、というかアミノ酸も、必須アミノ酸と呼ばれる八種類をきちんと摂ることが健康的なダイエットの要点です。
これら三大栄養素の摂取量を表すのがPFCバランスと呼ばれるもの。P(protein=タンパク質)、F(fat=脂質)、C(carbohydrates=炭水化物)の頭文字で、理想的なバランスはP:15%、F:25%、C:60%位。それにビタミンとミネラルを適度にプラスされたのが、バランスのいい食事です。
とはいっても、PFCバランスに加えて必須栄養素と呼ばれるものはビタミンが18種類、ミネラルが20種類、先ほどのアミノ酸も加えれば46種類もあります。これだけの成分をきちんと摂るのは大変、というときにはサプリメントの利用も考えたいところですが、まずはしっかりと食事を摂ることが、健康と美肌と美しいスタイル作りにつながります。
やっぱり、食事は美味しく食べたいですからね。

あ、ちょっと脂質のフォローを入れておきますと、脂質は表皮に分泌されることで肌や髪の毛を健全に保ち、つやを出すといった役割もありますし、体内でエネルギーとして消費される量で言えば、炭水化物とタンパク質は1g当たり4Kcalなのに対して脂質は9Kcal。良質なエネルギー源ということは、それだけ消費されやすい、ということですね。

参考リンク 五大栄養素

エクササイズ

exercize

トレーニング

train

ビルド

build

ダイエット

diet

カフェ

cafe