カロリーの摂取

朝は家族とリビングで朝食。昼は同僚と近所でお勧めのランチ。夜は友達と街中のレストランでディナー。
と、普段は何気なく行っている食事。特に夜などは、楽しい会話と共につい食べ過ぎてしまいがちです。
ふと気付くと体重計に見たことの無い数字が、なんていう経験はありませんか?

ものを食べるというのは、つまり食品からエネルギーを摂取するということ。カロリーという単位で表されるこのエネルギーは、人が生きていくうえで常に消費され続けるものですが、意識をしていない生活だとそのバランスが崩れてがち。

消費を上回った分のカロリーが体に蓄積されて脂肪になるのは知っているはずなのに、つい。

私にも心当たりがあります。

ダイエットの結果を出すには、食事のバランスから考えるのが理想です。
抑制するだけじゃなく、摂るものは摂ってなおかつ脂肪を減らしていきたいのは女性も男性も一緒ですね。

一日に必要なカロリー

健康のためにも、必要最低限のカロリーは摂取したいものです。

成人の場合、普段の生活を行っているだけでも自然と消費するカロリーは、一日で大体2000kcalから2500kcal位になります。性別や年齢、行動によって±500kcalほどの変動はありますが、目安としてこの数値から計算してみましょう。
つまり摂取量をそれ以下に抑えれば痩せる、ということになりますが、食事の目的は、カロリーと一緒に食品の持つ様々な栄養素を体に取り込むことにあります。中には自分の体で作り出せない栄養素もあるので、ただ単純に食べる量を少なくするのはお勧めできません。

ようはバランスです。栄養を取りながらも痩せるには、余分な量のカロリーを消費してしまえばいいわけです。

カロリーの消費

では、より多くのカロリーを消費するにはどうすればよいでしょう。

まず考えられるのは運動です。
エレベーターじゃなく階段を使う、一駅分だけ多く歩くなど、普段より体を動かせばそれだけ使うエネルギー量も増えます。

そして、基礎代謝の向上です。
基礎代謝とは、先ほども言った"普段の生活を行っているだけでも自然と消費するカロリー"のことです。基礎代謝量の増減には、筋肉が大きく関わっています。

やっぱり、ダイエットの効果は座っているだけではなかなか表れません。
運動=エクササイズ、筋肉=トレーニングと食事をあわせて考えて、理想とする体型を目指したいですね。

エクササイズ

exercize

トレーニング

train

ビルド

build

ダイエット

diet

カフェ

cafe