アイソメトリック・トレーニングとは

筋力アップのための筋トレといえばまず思い浮かべるのは、重たい物やマシンを使い筋肉に強い負荷をかけて行うトレーニングではないでしょうか。
これはいわゆるアイソトニック・トレーニングと呼ばれる運動で、一定の負荷をかけつつ体を動かすことで筋肉に働きかけようという運動です。
対してアイソメトリック・トレーニングというのは、体を固定したままで筋肉に働きかける、つまり体を動かさずに筋肉を緊張させることを目的とした運動になります。

体を動かさない、とはいってもきちんと意識して行うことできちんとトレーニングになりますし、筋肉を傷めない=筋肉を肥大させにくいトレーニングになりますので、ごつごつさせたくない、ムキムキにはなりたくないときにはこの方法が最適、といえますね。

アイソメトリック・トレーニング バストアップ・メニュー

バストアップ
胸の筋肉(大胸筋)を鍛える
1.胸の前で両方の手のひらを合わせて、手の中のものを押しつぶすイメージで力を入れます。雑誌などを持ってもいいかもしれません。慣れてきたら合わせた手を左右に動かしたり∞の字に動かしたりすると効果が増します。

2.タオルを背中越しに回して両手で持ち、前に引っ張るようにして力を入れます。あんまり無理に力を入れると体を痛めてしまいますので、ゆっくりと静かに、10秒程度力を入れたら休んでもう一度、といった感じで行います。

3.壁に向かって立ち、手を当ててから壁を押すように力を入れます。手を置く位置は胸の高さで。よろけないように足も前後に開いてしっかりと。立ったままで腕立て伏せをするイメージですね。

アイソメトリック・トレーニングの活用

バストアップ今回はバストアップのためのトレーニングを紹介しましたが、アイソメトリック・トレーニングは他の場所を鍛えるためにも活用できます。
ウエストを細くするためには腹直筋や外腹斜筋、ヒップアップには大臀筋、脚ヤセ腕ヤセにはそれぞれ上腕筋(二の腕)や大腿筋(太もも)といったふうに、それぞれの筋肉に意識して働きかけるようにすればそれぞれの部位の筋トレになります。
アイソメトリック・トレーニングは機材を使わないでも出来る分気軽ですが即効性はありません。でも、ふとした時にやる癖をつけて続ければ効果は現れるはず。きっといつの間にかスタイルが変わっています。周りの人に言われて気付く、っていうのも嬉しいものですよね。

エクササイズ

exercize

トレーニング

train

ビルド

build

ダイエット

diet

カフェ

cafe